明日≒明日の風が吹く

前向きにチラ裏

言い換え

日々悶々と抱えるようにして持ってる感情と言えば…色々な言葉に置き換わる

たとえば

「しにたい」

とか

「じさつでもしたい」

とか

 

そういうのじゃない

友人には指摘されているが

私が本当には何をしていればいいか、自分の中に答えがあるはず

 

ただ、「生活のため」という切り離せない問題が答えにフィルタをかけるのだ

 

20と数年間、自分探しをしてきた

そしてこれからも探し続けるだろうと思う

でも、またある友人に「お前、それ10年くらい前も同じ事言ってたよ」って言われた

 

やっぱ何も進んでいないのだと思わざるをえない

 

「私は生きる価値がない」

そんなのは置き換えだ

 

本当には、「居場所がわからない」「認められない」「愛されてない」

と思ってる。そんな感じだ

空気

勤務先の喫煙所、たまたま一人でいて

たまたま通りがかったJKに「クッサ」言われた

 

まあそうだよね

全部自分が悪いよね

 

煙たがられる存在なんて透明人間未満だ

ダメだ

あれだ

ぱっとこのブログを見返してみたら湿ってんのなんの

 

まあ調子が悪くない時って吐き出したい気持ちも何となく消化できてて、ここに来ないからだろう

エゴによるエゴの為に書く故のエゴイストブログ、そんな究極的なものになっていると思う

 

んで今回は何があったかというと職のことでまたも心が折れたという

 

なんていうかIT業界はロジカルとは言うが堅実な考え方をしているフィールド、だと思う

 

堅実とは前例とか実績とかを元ネタにしているものだとして、そして私はADHD持ち

前提を無視した発想をしがちなADHDには基本堅実なフィールドは要求が通しにくくて不利なんじゃないか

つまり自身の能力的に限界を感じるのである

 

その能力がいくら特定派遣で職場に守られても、売上や給料は下がらないかもしれないが、上がりもしない

上げたいならば自分の手を動かす時間を増やすか、動かしてくれる駒を増やすくらいのことは考える

 

その次に問題なのは拘束時間と勤務先ロケーション

手を動かしたり資本を確保するためには時間が絶対に必要だからこの辺はポイントにする必要がある

 

ところがこの辺のことが私は契約上自分で管理できない

かなり厳しい制約だ

 

自力で何とか出来るほど世の中が甘くないことはいい加減念頭に入ってきたが

抑うつが入ってくるのも精神衛生上良くはなくて

これはこれで自分が選んだ運命であり、打開できないのもまた自分なのだ

 

いい加減ITなどから足を洗うべきなのだろうか

自分は業界のスーパースター目指してITやってる訳じゃない

ただ自分らしさと人の役に立てると思えたバランスが1番良かったのがITだっただけだ

 

この日本という国でアラサーにもなって、拾ってくれる人などいるのだろうか

とある、ずぅっと違う世界で生きてきた人間たちのフィールドに迷い込んだとき、自分はただの弱い獲物に過ぎなかった

 

私はどこの何なのだろうか

 

今日が終わる

ああ、40分終わった

帰ってきてから布団に横たわって

風呂と歯磨きと明日の準備と

やらなきゃかんことは色々あるのに

俺が俺であるための色んなモノがあるというのに

煙草吸うことすら、何も手に付きやしないのだった

 

こんなブログ書いてる暇があったらやればいいのにって自分でも大げさに突っ込むのだが

横になったまま思考をアウトプットするって

何だかすごい楽だ

楽な気持ちになれるのだ

 

日中は遠く知人もいない土地へ仕事行って必要なことしか喋らなくて

普段全く他人に連絡をしないことに、なんだか日に日に焦燥を覚えてくる

別に会社が悪い訳じゃない、こういう仕事内容だということを知らずに入った自分の責任だ

 

だが抜け出す努力もしないヤツはもっと嫌だ

何故この場を出ていこうと思わないのだろうか

安心がある場所に落ち着くことは俺も同じだが

生まれてから出ていったことのないこの町はなんというか落ち着かない

 

嫌だ。みんな嫌いだ。

決まりきったような

毎日に耐えるのは割りと慣れた

 

薬を飲むために無理やり食べなきゃいけない朝食

無理して食べるくせにやたら大量に出てくる食料とその料金

現場の見栄えがよくないからって強制される短い髪

帰ったら放置されている、臭いを放つ同居人の汚れモノ

誰かの代わりの出勤以外何者でもない毎朝の早起き

 

ああ、憂鬱だ。

しにたいヤツって大体矛盾している

大体毎日しにたいと思っている。

そんなことを精神科の主治医に話して、医師は「案外そんなもんなんだね」と言った。

 

どういうことなのかを聞いた所、以前のカルテから判断するに、かなり鬱の確率が高かったらしい。

 

まあ鬱自体は社会人1年目で診断書が出て休職した経緯があり、あれから4年。

思考に捕われて色んなことに対して無感動になる。

 

元々、興味がないフィールドでの勝負にはまるで歯が立たないタチであったが

「別にそんな自分でいいや」という気持ちが先行して、楽しみを見い出せない。

 

そんな中で上述したようなことを言われると、ネガティブな思考も板についてきたって感じだ。

周りがあまり思ってないような事だし、改まって話す程のこととも思ってはいない。

人によってはそれが生き辛いものだと指摘するだろうと思う。

 

けども、明日を生きる糧を稼ぐことで、今は良いというか、精一杯なのかもしれない。

私は、鉛筆さえ「正しい握り方」ができなかった。

30分くらい、どうしたらいいか考えた。

少し昔の自分が考えた理想像に、どうしたら近づけるのかと。

 

私は、男児として生を受けた。

私は、運動ができなかった。

私は、勉強ができなかった。 

私は、どちらかと言えば天然だった。

私は、背は高くなかった。

私は、誰からも軽くあしらわれた。

私は、恩師となる人がいなかった。

 

これだけのコンプレックスが列挙できた自分にちょっと茫然とした。

 

この世は地獄だと思う。