明日≒明日の風が吹く

前向きにチラ裏

雲にも届け、痛みの塔

前の記事に書いたように、成長しない人っていうのも変わっていかないことだと思っている。

自分がものすごく人間というものを上から目線でいることは自覚してる。

でもそうしないと自我が保てない程に、自分はいろんなことに対してストレスを感じる。

 

ストレスになることを挙げてるとキリがないので、極論を言えば、生きていることがめんどくさい。

「めんどくさいなら死ねばいい」とは何回も言われてきた。

 

運動もめんどくさくて成人しても貧弱な体型だから、相性の悪い人に絡まれることを避けて夜も出歩けない程のチキンなのである。

 

いや、もはや社会不適合とでもいうのだろうか。

もしこの世界に社会というものがなくって弱肉強食がはこびる自然界ならとっくに自分は獲物になって死んでいるだろう。

 

結局のところ体で勝てないのわかってるから頭で勝たないといけない。

だから上から目線でいないといけなくなる。

 

そういう意味ではこのような環境に感謝すべきだ。自分は「生かせてもらってる」と思うべきかもしれない。

 

いいや、所詮すべての人は自分が一番大事なはずだ。

感謝するのも、めんどくさい。