明日≒明日の風が吹く

前向きにチラ裏

苦しんでいるあなたへ

世の中から輩出される色んな小説やら漫画やらゲームやらって大概主人公が若い。大体10代から20代。

 

何故だろう。

 

そういう、作品のターゲット層には主人公の年齢を近づけた方が共感を得やすいという建前はあると思う。

 

とか、若い頃の考えがいささか猪突猛進な傾向であることは歳を重ねる毎に何となく気付くものだから、少年たちを仮想でリアルに描けるのもまた歳を重ねた者達になるという大人の事情もある気がする。

 

だがそれを考慮しても、「人生のピークとは10代後半から20代前半で、夢を叶えるのもそのくらいの時期が一番良い」

だなんて、なんというか根拠としては乏しいような感覚が、20代後半に差し掛かって改めてのしかかってくる。

 

それは現実的過ぎる。矛盾しているが夢はいくつになっても追いかけて良いものだ、と私も思う事ができる。

 

「改めて」と書いた理由としては、自分が幼い頃、教師から「あなたは他人より少し大人だから」と言われたからである。

あの教師がお世辞抜きでそれを私に言ったのだとしたら。

 

というか私はそれが誇らしくて、子どもなりに周りより頭一つ出てんだぜとか正直思っていた。

これはつまり醜いプライドでありエゴである。

 

では若い内に他の人間を出し抜く事が何故出来なかったのだろうか。

ぶっちゃけ、私は知っている事や気付いていることを他人に言いふらすことはあまりしてこなかった。

めんどくさい時はしゃべらせといた方が身の安全が確保できると考えていた。

私の周りには常に自分より「大人な立ち位置」がいた。私は常にアンダースタンドだったのだ。

 

セルフブランディングができる連中は基本的に相手をアンダースタンドさせることができる人間だろう。

中身が伴っていなくても、それだけで相手を打ち負かすことができる。

 

そういう相手に自分を追いかけさせれば立派な流行もの好きの完成である。

なお、流行に乗せられている人間をバカにする人間は、バカに見つかるという事を理解できないと思う。

 

 

 

そういうことを考えて来ながら、ろくなアウトプットもせず抱え込んできた私は孤独感に苛まれ自滅寸前まで来てしまった。

少し大人だった私は年齢的に本当に大人になったし、周りの人間も大人になった。

でもあの日くらいから私はあんまり前へ進んでない。私みたいなのをアダルトチルドレンと呼ぶのだろうか。

 

価値に気づきながら何もできなかったとボヤいて、できなかったことを他人のせいにして、私は自分を許せなくなった挙句逃げたいと願っている。

それは社会的に、現実的に虫が良すぎる話である。

 

苦しんでいるあなたへ。

それでも、私はそうではないのだと言いたい。