明日≒明日の風が吹く

前向きにチラ裏

今日が終わる

ああ、40分終わった

帰ってきてから布団に横たわって

風呂と歯磨きと明日の準備と

やらなきゃかんことは色々あるのに

俺が俺であるための色んなモノがあるというのに

煙草吸うことすら、何も手に付きやしないのだった

 

こんなブログ書いてる暇があったらやればいいのにって自分でも大げさに突っ込むのだが

横になったまま思考をアウトプットするって

何だかすごい楽だ

楽な気持ちになれるのだ

 

日中は遠く知人もいない土地へ仕事行って必要なことしか喋らなくて

普段全く他人に連絡をしないことに、なんだか日に日に焦燥を覚えてくる

別に会社が悪い訳じゃない、こういう仕事内容だということを知らずに入った自分の責任だ

 

だが抜け出す努力もしないヤツはもっと嫌だ

何故この場を出ていこうと思わないのだろうか

安心がある場所に落ち着くことは俺も同じだが

生まれてから出ていったことのないこの町はなんというか落ち着かない

 

嫌だ。みんな嫌いだ。